2010年06月04日

<反則切符>車上荒らし被害…千葉県警職員が盗まれる(毎日新聞)

 千葉県警千葉東署は1日、県警交通部執行課の女性職員(37)が車上荒らしに遭い、交通違反者の個人情報が記された反則切符など交通違反取り締まり原票約560枚(延べ560人分)を入れたショルダーバッグを盗まれたと発表した。同署は窃盗事件として捜査している。

 同署によると、女性職員は勤務を終えて娘を迎えるため保育園へ行き、31日午後6時55分ごろから約10分間、千葉市若葉区の路上に駐車して車を離れ、戻ると助手席の窓ガラスが割られ、バッグが無くなっていたという。

 県警執行課によると、女性職員は原票などに不備がないかどうか審査し、違反点数を登録する業務を担当。原票の課外への持ち出しは禁じられているという。実川勝・執行課長は「関係者に深くおわび申し上げる。発見に全力を挙げ、業務の管理と職員の指導を徹底する」としている。【斎藤有香】

【関連ニュース】
車上狙い:会社員男性、容疑の男取り押さえる−−野洲 /滋賀
裁判員裁判:強盗致傷被告に懲役6年の判決−−地裁 /岐阜
窃盗:また車上狙い 15台、カーナビなど被害−−裾野 /静岡
車上荒らし:1500万円被害−−長岡の駐車場 /新潟
車上荒らし:窃盗の被告、150件 被害900万円か /岩手

愛子さま 少しずつ元気に 雅子さま終始付き添い(毎日新聞)
民主議員の“なりすましツイッター”が謝罪(産経新聞)
<アユ>多摩川産「江戸の味」復活 川崎(毎日新聞)
昨夏から資金繰り悪化か=従業員給与支払い滞る―200億流れ解明へ・岡本ホテル(時事通信)
<普天間移設>28日に3党首会談 日米声明に先立ち(毎日新聞)
posted by ヨコオ シュウジ at 02:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月27日

加藤被告の目に涙? 証人の訴えに顔を紅潮させる(産経新聞)

【法廷ライブ 秋葉原17人殺傷 第10回】(7)

 《引き続き、加藤智大(ともひろ)被告(27)に背中を刺された男性の妻の証人尋問が続く。検察官の質問は、凶行の現場の目撃証言から証人のその後の心理状況に移っていった》

 《証人は「テレビに刃物が映るだけで怖い。事件の前には戻れない」と精神的な後遺症に触れた》

 検察官「被告の処罰はどう思いますか」

 《最後に検察官は、加藤被告への思いを尋ねた》

 証人「自分の命をもって償ってほしいと思います」

 検察官「ほかに何かおっしゃりたいことあれば」

 証人「あの…。やはり、亡くなられた方や傷を負った私たちの主人のことを考えると極刑しかないのかと…」

 《それまで淡々と証言していた証人は、気持ちが高ぶったのか、次第に声が大きくなっていった》

 証人「私たちは2年間世間にさらされて大変ひどい目に遭ってきました。その間、加藤さんは刑務所で生活していました」

 《時折、目の前のテーブルに置かれたノートに何かを書いていた加藤被告だが、女性の証言に手を止め、顔を真っ赤にした。泣いているように見えるが、眼鏡越しにははっきり確認できない》

 証人「私たちは、世間にさらされ、中傷の中で必死で働いて生きてきました。働くしかなかった。あなたは頭の中で考えるだけでなく、体を使って、精いっぱい働いて、ひとつだけでも良いからみなさんに良いことをしてほしい」

 《抑えていた気持ちをはき出すような証人の女性の声が響く。その声は傍聴席の方向に向けられた。傍聴人に呼びかけているようだ》

 証人「人の不幸を倍にするようなことではなく、知り合いだろうとなかろうと隣り合っている人を思いやって生きていくしかない。二度とこの事件が起きないためにどうするべきか。それだけを私たちは願っているんです」

 《加藤被告は、身動きせず、うつむいている。また元通りの無表情に戻っている》

 《引き続き、弁護側からの質問が行われた。現場の見取り図を示しながら、証人の夫が刺された具体的な状況を聞いていく》

 弁護人「(イ)の位置まで来たときに、ナイフを持った手がご主人の背中をかすめたのを見たのですか」

 証人「はい」

 《夫を刺した加藤被告と瞬間的に目があった証人。凶行の瞬間の証言を続けた》

 弁護人「立ち止まったその人と対面する形になりましたか」

 証人「はい」

 弁護人「なぜ犯人だと分かったのですか」

 証人「私たちのそばにいたからです」

 弁護人「手の特徴とかが合ったのですか」

 証人「(夫を)刺して、すぐクルッと回転して、私と目と目が合ったんです」

 弁護人「犯人はどうしましたか」

 証人「犯人は交差点を見ていました。目が合わないうちにかがんで逃げました」

 弁護人「対面したときに覚えている表情は?」

 証人「そんなにエネルギッシュな感じではなかったです。大きな事件を起こす感じではないです。こんな男に主人がやられたんだと思いました」

 弁護人「対面した時間はどのくらいですか」

 証人「数秒です」

 《夫とともに、路地を曲がって逃げた証人。周囲に気を配る余裕はなかったという》

 《弁護人が尋問を終えると、検察官が改めて、現場見取り図を使いながら、被告が証人の夫を刺したときの位置を確認した》

 検察官「刺した右手の持ち主は、犯人といえますか」

 証人「いえます。手の持ち主は、目の前にいたこの人しかいない。たしかメガネにも血がついていて…。手の先を見たら犯人だったという状況です」

 《引き続き、裁判官が、対面したときの状況について聞いていく》

 裁判官「ナイフの手ですが、刃先は親指側か小指側か分かりますか」

 証人「刺されたということは定かですが…。細かいことは定かではありません」

 裁判官「手の形は? ナイフはどう握っていましたか」

 《証人は衝立の向こうにいるため分からないが、どう握っていたかを実際に手を使って表現しているようだ》

 裁判官「こういう風に、刃先が親指の方に出ている感じですか」

 証人「そうです」

 《証人が自分や犯人の位置を書き記した現場見取り図を見ながら、質問が続く》

 裁判長「刺さっているのを見た直後に犯人は(1)の位置にいたんですか」

 証人「そうです」

 裁判長「ご主人は背中を刺されている。刺されたときの犯人との前後関係は?」

 証人「刺して、追い越された感じでした」

 裁判長「あなたの横を通り抜けた感じですか」

 証人「はい」

 裁判長「それでは終わりました。長時間お疲れさまでした」

 《証人尋問が終わり、20分間の休憩に入った。証言に動揺したのか、加藤被告は、これまで入退廷の際に欠かさなかった傍聴席への一礼をせず、刑務官に促されるまま法廷を後にした》

 =(8)に続く

【関連記事】
秋葉原ホコ天、7月にも再開 無差別殺傷事件から2年
加藤被告の両親尋問へ 青森で非公開で実施東京地裁
「テロかと…トラックから仲間が次々と出てくるのかと…」
馬乗りで、返り血浴びながら…衝撃の瞬間語る目撃者
「ホコ天がパニック状態に…」一斉に逃げ出す群衆 秋葉原通り魔事件

対外純資産、最高を更新=世界一堅持、266兆円―昨年末(時事通信)
<環境保護>「最重要」日本の子供は2%…エアバス社調査(毎日新聞)
<東京都監察医務院>行政解剖の遺体に「かんし」置き忘れ(毎日新聞)
<マンゴーマッコリ>「アイリス」の秋田から 韓国の酒造会社と開発(毎日新聞)
天皇陛下が田植え(時事通信)
posted by ヨコオ シュウジ at 22:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月24日

「おむつゼロ特養連絡会」が発足(医療介護CBニュース)

 全国老人福祉施設協議会(老施協)は5月21日、入所者の日中のおむつ使用率が10%未満の特別養護老人ホーム(特養)20施設から成る「おむつゼロ特養連絡会」の発足会を開いた。研修会などの事業を通じて全国の施設職員の専門性を向上させるとともに、入所者のおむつ使用率を下げることで、特養のイメージ向上を目指す。

 連絡会は、老施協が主催する「介護力向上講習会」を修了した施設で構成する。日中のおむつ使用がないか、年間の日中おむつ使用率が10%未満の特養が正会員、同使用率が20%未満の特養が準会員となる。老施協の一事業という位置付け。

 発足会では、「きたざわ苑」(東京都)の岩上広一施設長が幹事、「ホームサンアップルホーム」(青森県)の大平和夫施設長と「ホームしらゆりの園」(沖縄県)の友名孝子施設長が副幹事に就任することが決まった。事務局は老施協が務める。

 入所者の自立支援を目指し、会員らが研修会と情報交換会を通じておむつ使用率を低下させるための専門的なノウハウを共有。おむつ使用率0%達成施設を「おむつゼロ特養」と新たに定義し、他の施設関係者にノウハウを提供するなど広報活動を行う。

 岩上幹事は「現在、おむつ使用率0%を達成した10施設を、来年には20-30施設に引き上げたい」とした。特別顧問に就任した国際医療福祉大大学院の竹内孝仁教授は「おむつゼロはゴールではない」とし、同連絡会の活動を通じて「特養にはうば捨て山のイメージがあるという現状を払しょくする必要がある」と述べた。


【関連記事】
進む多床室併設、「国民年金では個室無理」の声−特養・個室ユニットの行方(1)
「一部ユニット型」特養、9都県市が国に要望書提出へ
「一部ユニット型」特養、広島にも2施設
佐賀県の「一部ユニット型」特養、国と異なる解釈で報酬を算定
神奈川県が「一部ユニット型」の認可を検討、6月新設の特養に

<阿久根市長>市体育協会の会長職を要求(毎日新聞)
14年移設完了は困難=防衛相(時事通信)
鉄球、水にプカプカ…特殊技術に注目(産経新聞)
準絶滅危惧種・ハマボウ群生地に遊歩道整備 和歌山・白浜(産経新聞)
口蹄疫 半径10キロ以内を殺処分に 政府検討(毎日新聞)
posted by ヨコオ シュウジ at 09:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。