2010年06月19日

国会閉会、参院選へ向け事実上の選挙戦(読売新聞)

 第174通常国会が16日閉会し、与野党は参院選(6月24日公示、7月11日投開票)に向け、事実上の選挙戦に入った。

 今回の参院選は政権交代後、初の大型国政選挙で、与党が非改選を含め、参院の過半数を維持できるかどうかが最大の焦点となる。民主党を中心とする連立政権の実績に加え、発足間もない菅政権を信任するか否かも問われる。

 国会の閉会を受け、政府は16日夕の臨時閣議で、参院選の日程を正式に決定した。

 菅首相は16日夜、首相官邸で記者団に対し、「私の考えは所信表明演説で具体的に申しあげ、マニフェスト(公約)に盛りこまれる」と述べ、参院選は自らの政策を前面に掲げて戦う考えを示した。

 民主党は、鳩山前首相から菅首相への「刷新効果」で支持率を回復させた。これを背景に、改選定数2以上の選挙区に原則として2人の候補を擁立するなど、小沢一郎・前幹事長が進めた強気の選挙戦略を踏襲して選挙戦に臨む。

 与党の非改選議席は、与党系の無所属議員を含め66議席。引き続き過半数(122議席)を維持するには、56議席以上を獲得する必要がある。民主党は60議席を獲得すれば単独過半数に達する。

 一方、自民党の谷垣総裁は、党本部で記者団に対し、「バラマキを即刻やめ、きちっとした財政を作る。こういったことを中心に訴える」と述べ、経済・財政問題などで政策論争を展開する方針を示した。自民党にとって今回の参院選は、結党以来初めて野党で臨む大型国政選挙だ。谷垣氏は「挑戦者としてぶつかっていく。エネルギーをすべて投入して戦う」と語った。

 参院選の立候補予定者は16日現在、読売新聞社の調べで411人(選挙区選239人、比例選172人)。民主、自民の2大政党と一線を画す「第3極」新党が相次いて誕生したこともあり、最終的な候補者数は前回2007年選挙の377人を上回る見通しだ。

 政党別の選挙区選の立候補予定者数は、民主党が60人、自民党49人、公明党3人、共産党46人、国民新党2人、新党改革7人、社民党8人、たちあがれ日本4人、みんなの党20人。諸派は27人、無所属は13人が立候補を予定している。

誰だ!児童栽培のプチトマト30鉢、ため池に(読売新聞)
高1、同級生刺し重傷負わす=殺人未遂容疑で逮捕―横浜・清心女子高校(時事通信)
<東北厚生局>職員が開示文書改ざん 情報公開法に抵触も(毎日新聞)
学校早退しひったくり、容疑で中3生2人逮捕(読売新聞)
「社会保障不足分」念頭に=消費税「10%」発言で―首相(時事通信)
posted by ヨコオ シュウジ at 08:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。